ミッドナイト・フラダンス

店主り無人による真夜中のつぶやき・日々雑感など。
<< 遅ればせながら | main | なんたる直球 >>
夏のほうが映える香りではあります
アクアアレゴリアシのリーズは、素敵な香りがいっぱいあるのですけど、あまり使いません。天然香料だからなのか、香りの飛びが早いので・・・
だからこそ良い、とも言えるのですけども。深みと奥行き、変遷する楽しみ、という意味では少々物足りない(そもそもそういうシリーズではない訳ですが)。

でも←の『ジャスミノラ』は手放せないです。冠された名の通りジャスミンがメインの香りなのですけど、とにかく癒される。(これを使ってない日でも)アトマイザーで持ち歩き、折に触れてクンクンするほど。夏に使うとまた趣が違ってて、香りの変遷や奥深さもより強く感じられます。
また生花のジャスミンは、凝ると少々むせ返るような香りになるのですけど、これはどこにもそういう要素が感じられません。例に漏れず香り飛びは早いですが、だからこそこの絶妙の濃度を保てるのでしょうから、だとしたら贅沢は言えませんかね。

以前から使ってた小さめボトルのが最近無くなりかけてたので、そろそろ新しいのを購入しようと思ってたら、なんと既に廃盤になってたことが発覚。
うもー、アクアアレゴリアって入れ替わり激し過ぎないですか?このジャスミノラだって、まだ出てから二年も経ってないと思うんですけど・・・

ということで、だったらネットで購入できないかとウロウロ探し回ったんですが、どこもかしこも売り切れ地獄でみつからない訳です。もう手に入らないかも、とションボリ諦めかけて暫く経ったころ、アマゾンで再入荷してるのを発見。しかも(平行輸入品でしたけど)破格値(笑)。いや助かりました。密林さまさま。



香りものと言えば、ここのところセルジュ・ルタンス『アン・リス』にもすごく惹かれてるのですけど、こちらもなかなか入手困難みたい。試香したこともありません。日本でも以前限定販売されてたことがあるらしいのですが、現在は個人輸入サイトを通すくらいしかルートがなさそうで・・・
こちらは百合の香り。百合花の香りは大好きなのですが、香水になっちゃうと本当に色々個性が分かれますし、購入したはいいけど(私には)合わない香りだったら勿体無いなあ、といきなりのボトル買いには二の足を踏んでしまいます。気が小さいの・・・(笑)

ウウーン、でも欲しいな・・・やっぱ買っちゃおうかな・・・
どうしよ・・・



↑セルジュ・ルタンス氏の作品。このデカダーンな雰囲気、素敵ですね。

でも実はデカダンって、雰囲気とは真逆に心身ともに元気じゃないと醸せないですよね。ダルダルの部屋着とか、いい加減な化粧とか、そういう"緩み"とは対極にあるものでしょ。疲れてるとムリだよ。
しかしあまりに元気な若者が挑戦すると、ただの痛い子になってしまう可能性が高いという矛盾(笑)。
高価なドレスと同じでしょうかね。それを身に着ける美を失ったころ、ようやくそれを手に入れる金銭的余裕を得る、というアレ。この場合は「金銭的」余裕というより、こなれた雰囲気に精神的余裕、それから少々の(そして本物の)倦怠感、というところなのですけれども。

ルタンス氏は、資生堂のインウイシリーズのCMプロデュースをされてたこともあったようです。そう言われるとインウイってこんな感じだったかも。使ったことがある、という記憶は無いんですが・・・



| り無人 | - | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE