ミッドナイト・フラダンス

店主り無人による真夜中のつぶやき・日々雑感など。
<< 「福来(ふく)」なんてめでたい呼称もあるようです | main | 不二子人気が一層高まるでしょうね >>
神話のナルキッソスの死に様って、よく考えたらかなり残酷だという気がしますが



なんか花の写真ばっかり載せてますね。テヘペロ ( ←こんなん違うわ)

ちょっと珍しい水仙だと思われませんか。中央の、普通は山吹色というか鮮やかな黄色の部分が、白に近い黄色なのですよ。明るいところだと色がうまく出ないので、ちょっと薄暗くして撮ってみたのですけど、見えます?
いいですね。なんとも言えず上品な雰囲気。なんて種類なんでしょうか。後でちょっと調べてみますかね。

香りはよくある水仙と同じような感じです。水仙の香りって大好き。香水でもそれを再現した素敵なのがたくさんありますが、どれも天然の水仙の香りには敵わない気がします。
でも御存知ですか、枯れてくるとウ○コのようなニオイになっちゃうということを。ジャスミンも左に同じ。
それもそのはずで、三者の香り成分の多くが共通なんだそうですね。ただ濃淡が違うだけなんだとか。
オウ、ということは何ですか、ウン○のニオイをどんどん薄めると、素敵な香りになっちゃったりするんでしょうかね。知りたいなあ。いや知ったからって自分でやってみようとか思わないですけどね。どなたか学者さんで、実地研究された方いらっしゃらないんでしょうか。




昨日、ちょっと嫌なタイプのオバハン御婦人にお会いしてしまいました。

あるお店の駐車場に入ろうと、車で行列して順番待ちしてたんですね。私はギリギリ車体を駐車場内に収める形で歩道とほぼ垂直に、私の後ろの車は車道と駐車場の間にある歩道に少し乗り上げる形で斜めに、それぞれ停まってたのです。
そこへ、車道へ出ようと駐車場内から一台の車がやってきました。とっくに陽は暮れてるのに何故か黒いサングラス掛けた40代後半位の女性が運転しています。で、私の左隣をすり抜けて左折しつつ車道へ出ようとしたらしいのですが、出られずに立往生してしまいました。
ちょっとバックして右へ切り返してあげましょうかしらね、と私が考えた瞬間です、そのオバハン御婦人が突然、
「ブッブ、ブッブッブ」
とクラクションを鳴らす訳です。一体誰に鳴らしてらっしゃるのかしら、と視線をやると、なんとそのオバハン御婦人、ワタクシの顔を見ながらそうしているではありませんか。
それだけではありません、
(しっしっ、しっ)
とまるで蠅を追い払うような仕種で私のほうに手を振ってきます。ああそう、車の中に蠅がいたのね、それは大変ですわね、と無視を決め込むと、今度は
「ブッブッブー、ブーーーーーーーッ、ブーーーーーーーーーーーーーーーッ」
ですよ。


うん、あのねー、アナタが通り抜けられなくて往生してるところはねー、さっきレクサスLSもボルボのワゴンもすんなりフツーに通って行ったところなんですよねー。
アナタが乗ってるそれ、メルセデスのEでしょ?ランボルギーニとかフェラーリとかマイバッハなら分かりませんけど、その大きさなら余裕で通れるはずでしょ?通れないのはあなたの技術の問題であって、微塵もワタクシの問題じゃないでしょ?何か頼みたいのならそれなりの態度というものがあるのじゃないでしょうかしら?残念ですけど、私はアナタが土下座でもなさらない限り金輪際よけて差し上げるつもりはありませんので。
ていうかさ、100歩譲って、文句言うならせめて私の後ろの人に言えばいんじゃね?斜めに頭突っ込んでアンタの通り道塞いでるのは(と言っても普通の人なら通れるくらいには開いてるんだけど)後ろの車でしょ?ワタシに文句言うとか何事?ていうかその無礼極まりない態度は何様?お馬鹿様?それともなにか、黒ベンツのオッサンに言うのは恐いってか?だから代わりに私によけろってか?知るかそんなこと。一生そこで固まっとけ。


と心の中で説教(?)しつつ、ブーブー鳴らされながら引き続き知らん顔してますと、結局後ろのオジサマがバックして車道に戻り、道を広げてあげていました。大人ですね!ワタシ子供だからそういうのって無理!三歳児だから!
オバハン御婦人は、微笑みを浮かべて見送る私を、ものすっごい鼻の穴広げて睨みながら(といってもグラサンだから見えないけど)、ようやっと出てゆくことができましたとさ。オジサマに御礼の一つも無いまま。


以上、ちょっと「ムッ」とした一コマでした。
まあね、私も子供っぽかったとは思うのですけども。でもあの失礼な態度で来られると、譲る気が失せてしまうのよ・・・
しかしまあ、考えてみれば可哀相な人ではありますね。いつもあんなだと、居丈高で横柄な態度でエレガンスを失い、人の好意や親切、敬意を失い、自らストレスのスパイラルを作り出してしまうことになるのでしょうから。
私だって、現に切り返して避けようかと思っていたところだったのにさ。普通に困って見せるとか、「あのー・・・」てな感じでお願いしてれば、誰でも喜んでよけてくれると思うのだけども。そう大変なことでもないのだし。



ということで、書いてるうちにまた本題を忘れたので(←この癖もいいかげんにしたい・・)、今日はこの辺で。
毒吐きぽくてスミマセンでした

| り無人 | - | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE