ミッドナイト・フラダンス

店主り無人による真夜中のつぶやき・日々雑感など。
<< やってしまっ・・ | main | 王ラジオ(←やめんか) >>
現存する唯一の自筆なんだそうです (って本文は祐筆だと思いますけど)
UPの間があいちゃうと、何だか他人様のお宅にお邪魔するみたいでミョーに緊張しますねえ。自分ちなのに(笑)。
なかなか多忙ですけど、バリバリに元気です。瞼を下ろした途端居眠ってしまう毎日ですが・・

金曜の夜(土曜の明け方)もね、お風呂上がってから書き物しようと机の前に座ったんですね。んでこう、ちょっと「ハーしんど」って突っ伏したんですけど、「さ、書こか」と瞼を開いたらカーテン越しに光が差してて時計が午前10時半過ぎを指してて

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) ア、アレ?

(つд⊂) ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂) ゴシゴシ

(((;゚Д゚))

何が起こったんだと。要は瞼を下ろした結果、一瞬にして6時間以上もタイムワープしてしまったらしいという話なんですが。
それはいいんですけどね。暖房付いてたから風邪も引かなかったし、顔はむくんじゃってたけどすぐ引いたし。でも机に突っ伏した時シャーペンが当たってたらしくて、額に三角形の跡がクッキリ(てかグッキリ)刻まれてて、夕方までデコボコが残ってたのには参った・・・化粧しても凹凸は隠せないし。揉んだり叩いたりして何とか外出には間にあわせたけど・・
触ったらまだズキズキする(笑)。


公のお手紙

↑信長公が、秀吉の浮気について(公に)泣き言を漏らしたおね(ねね・おねい)に宛てた手紙。クリックで拡大版別窓が出ます。

話がまた戦国時代で、興味無い方はスミマセン。
『萌え』とはちょっと違うんですが、これはもう嵌ったら抜けられないんだ・・w信長公に関しては書籍とか資料が膨大なだけに、ホントにキリが無いですねえ。城郭とか武器とか戦いとか、そっちの方にまで飛火して行っちゃう。今は「あといくつ本棚が増えるんだろう」というレベルまで来てる(笑)。まだ目を通せてないのがほとんどですけども・・
「家を建て増ししなきゃ」という所まで逝かないよう、自分で祈ってます(笑)。

さて、手紙。
有名だと思うんですけど、是非紹介してみたいと常々思ってたんですよー。色々面白いの。

前半部分は
『お土産ありがとう。あんまり素晴らしい品々で、何をお返ししたらいいのか分からないな。一応用意はしてたんだけど、改めて考える事にするよ』
てな内容なんですが、注目は後半。


なかんつく、それのみめふり、かたちまて、いつそやみまいらせ候、
折ふしようは、十のもの廿ほともみあけ候。藤きちらう、れんれん不足のむね申すのよし、言語道断、くせ事候か、いつかたを相尋候へとも、それさまほとのは、又二たひかのはげねずみ相求めかたき間。
これより以後は、身持をようくれいになし、いかにもかみさまなりに重々しく、りんきなとにたち入候ては、しかるへからす候。
ただし、をんなの役にて候あひた、申すものも申さぬなりにもてなし、しかるへく候。

なを文体に羽柴にはいけんこひねかうものなり。



それにしてもあなたは、いつぞや会った時よりも、十のものが二十というほどに美しくなっているね。(←なんか陛下入ってる気が・・
聞けば藤吉郎(秀吉)めが、そのあなたに対して(子供を産まないとか何とか)不満を申しておるそうだが、そんな事は言語道断、全くけしからん話だ。どこを探し廻ったところで、あのはげねずみにあなたほどの女房は得られまい。

このとき歴史は動いた(笑)←「はげねずみ」の箇所。公が秀吉を手紙でこう呼んだ最初らしいです。

これから後は振る舞いに気を配り、おかみさん(正妻)らしく、妬いたりしないでどっしり構えていなさい。
だけど、女だから嫉妬してしまう事もあるだろう。そんな時もだ、言いたい事全部をぶちまけるんじゃなくて、妬いてる事を匂わせる、妬いてるのか妬いてないのか、という位が良いんじゃないかと思う。

あと、この手紙は羽柴(秀吉)にも見せてやると良いぞ。



だいたいの意訳です。「だけど〜」の段は特にそう。意訳すぎる?w
この段は、
「だけど(夫の面倒をみるのは)女の役目なんだし、夫の女遊びを非難するのはいいけど、言いたい事を全部ぶちまけるのはこらえて、ちゃんと世話してやるとよい」
的に訳される事が多いようなんですが、上記の意味で取ったほうが妬き方まで指導してたのかよとか自分は何人側室がいたのか知らないけど二十何人も子供作った人の言う事はさすがに違うよなとか色々ツッコミ入れられて面白いので、こちらで(笑)。

家中がゴタゴタして、いざという時家臣が十分な働きが出来ない事を嫌い、(間接的に夫の方を)諌めたという事はあると思います(←私的な手紙の形を取りながら、最後に『天下布武』の印がある事からもそういう意図が読み取れるかと)。あと織田家中におけるおねの役割がそれだけ大きかったという事もあるのでしょう。彼女が有能かつ魅力的な人であったのだろう事が窺えます。信長・秀吉・家康の三傑が共に、大切に丁重に扱った女性だった訳ですから・・

しかしそういう計算めいたもの込みで見ても、公のお茶目さん加減が透けて見えるというか、素敵なお手紙だと思われませんか。側室とか子供の数以外(←ってそれで十分だという迫力ですが)閨房事情がほとんど外部に漏れていない人であるにも関わらず、「信長公は女の扱いが上手い」伝説があるのも、この手紙などのせいなのかもしれないなーと思います。

あとね、
「(同じく子供が出来なかったと言われる)濃姫様に対する思いやりも汲み取れる手紙だわ
さらに、
「奥向きの事が外に漏れないというのは、濃姫様が(つまり公の奥方様が)有能だったからだわ
なんてことも思ったんですけど、それは信×濃スキーの色眼鏡だという事で置いときましょう(笑)。

で、なんと言っても秀逸なのは彼のサイン。

のふ!

「のぶ」ですよ。

のふう!

「のぶ」ですよ。原文には濁点付いてないけど「のぶ」ですよ。

どうですこの愛らしさ!上様ぶって指導しておいて(って普通上様はこんな指導しないと思うけど)、シメで「のぶ君より」と甘えてみせて母性をくすぐるこの高等技術

・・まああの、実際は別に狙ってやったんじゃなくて、女性に宛てては(というか私的な手紙は)全部「のぶ」なのかもしれませんけど。

何にしても可愛すぎる(笑)。


| り無人 | - | 00:20 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
こんばんは。お疲れのようですね、大丈夫ですか?
というか、もはや居眠ってしまうのは特技とか…(笑)
まだまだ寒いので風邪などひかれませんように。
信長さんの手紙、面白かったです〜
気配りな方ですねえ!
なんか本当に王とかぶるんですが。もちろん王は手紙なんて書かないと思いますけれども。
最後のサインは「おう」とか「べじ」とか書くのかしらと思って一人でウケました。(笑)
信長さんは若い頃はとても美男子だったらしいですね。そうすると、あのゲームの美男子ぶりも、まんざらではないのかもしれません。
それにしても、彼も後世までこの手紙が残り、こういうところで話題にされるとは思ってもみなかったでしょうね(笑)
手紙には人柄が出るんじゃないかと思いますし、ほんとにお茶目な方ですね。
我が王も、そういうところがあったのではないかと思ってます。   べて
| | 2008/02/24 11:46 PM |
うわーん、また遅くなっちゃった;スミマセンー!

そうそう、居眠りは特技です・・ってお前はのび太君か(笑)
お気遣い頂いてありがとうございます(つД`) 元気なんですけどね、睡眠不足だけはどうにもならないなw

なっがい記事なのに、読んで頂いて恐縮です;
微笑ましい手紙ですよね!相手をよく見てるというか掴み方が分かってるというか、公って結構神経細やかな所のある方だったんじゃないか、という気がします。ほんとだ、私的な手紙がこんなに大っぴらにされるなんて思いもよらなかったでしょうね。考えてみれば酷いプライバシー侵害だ(笑)。


「べじ」って吹いたわw 王お茶目だな!あんな人にそんなカワイイ事書かれたら、鳥籠に閉じ込められて散弾銃で狙われるようなもんだわ(笑)。
・・って今ふと思ったんですが、彼の名前ってホントに「ベジータ」なんですかね。「ベジータ王」てのには「名前がベジータという王様」という意味は無くて、単に「惑星ベジータの王」だ、なんてオチだったりして・・・((((;゚Д゚)))
世継の王子が惑星の名前をもらう、とずっと思い込んでましたけども、よく考えたらそういう記述は原作にもアニメにも無かったような・・・設定集か何かに載ってたんだっけか・・?
まあね、素敵なんだからどっちでもいいんですけども。

のぶ様は美男だったらしいですねー。まあ無双の公ほどではないんだろうと思いますがw、妹(従妹説もあるようです)のお市様とも似てますし(肖像画並べて眉間の縦皺隠したらよく分かるの 笑)。
あの『織田狂い咲き』時代の血縁者は美形揃いだったらしいですが、あの美女と造詣が似てるんだったら、さぞ美しかったんでしょうね。やはり美はカリスマの必須条件なのか(じゃあカス○ロ氏はどうなる←ってコラコラ失礼な)。

コメントありがとうございました!
| り無人 | 2008/02/28 9:40 PM |









http://owner.himajinn.com/trackback/765991
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE